稲の一生
稲とは、イネ科の一年草東南アジア原産。全国に品種の発祥地が生まれました。
                     稲穂は、おこめとして主食される。

稲の語源・由来は「食糧」「生命」「寝具」「原産地」
                                                                      
のどれ言葉においても見解が深い物なのです。

稲は主食糧として重要な物であるから
『いひね(飯根・飯米)の意味とする説。

昔からワラを加工して生活の中にとけ込んでします
『いのちね(命根)』『いきね(生根)』『いきね(息根)』
                                             
の約など(生命)と結びつける説。

ワラは、布団や畳などに加工され
『寝ね(いね)』と掛けた『稲挙ぐ』『稲積む』という言葉があることから
                                                                             『いね(寝ね)』の連用形の代名詞の説。
 
 
稲の一生は、一籾の芽生えから秋の成熟までいろんな生育ステージを裁て、食卓へならびます。

“日数で出来上がる稲”
 
“植えてから積算温度により出来上がる稲”

自然と競合して恵みを一杯吸収し、生産者の愛情と栽培技術を裁ておいしいお米が出来上がります。
稲は、生まれた子供を育てるように丹精に成長を見守り稲がその時期に醸し出す顔つきを判断して育て上げます。稲姿には人間と同じ様に“幼児時代”“青春時代”“成熟時代”とあり目・耳・口とあります。